Diario Sin Titulo

趣味の漫画描きの制作日記やら、雑学的なつぶやき等。ブログ名は「無題の日記」のスペイン語翻訳を意味する。読み方は「ディアリオ・シン・ティトゥロ」

当ブログについて:2020年8月25日版

当ブログについて:2020年8月25日版

 漫画描くのが趣味による筆者の記録的なブログ。 開設してから漸くちゃんとした*1ブログ名:Diario Sin Titulo【ディアリオ・シン・ティトゥロ】を付けた。
 口調は原則、~である等*2

*1:私的には。ブログを読む人にもそう思えるとは限らない。

*2:仮にコメントが来た場合の応対はですます調。

続きを読む

発掘から始める

  昨日の

vasconcelos.hatenadiary.com

 を受けて今日も少し触れた。

 並びに、過去のネームを発掘をした。全て使い物になる訳では無いが、無いよりかは役に立つ。後はここから試行錯誤していきたい。

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: DVD
 

人気ブログランキングへ 

押して頂けると筆者が喜びますm(_ _)m

数分でもやれる事やり始めてみる

 記事タイトルの通り、CLIP STUDIO PAINT EXの扱いに確実慣れる為にも数分程度でも良いので何かしら作り始める事を実行する事にした。

 昨年の6月頃に練習として、ネームで描いていた4コマ的なお話があるのでこれを形にするのはどうだろうか、と考え始めた。

 ストーリー漫画の執筆でCLIP STUDIO PAINT EXを使うのは当然なのだが、まだまだ使い慣れていないし、時間はとにかくかかる。

 4コマならなんとかやれそうだと考えた。とりあえず4コマ描く為の枠線の素材をダウンロードした。4コマを描き貯める為のデータも用意した。1つめのネタの台詞も打ち出してみた。次は絵をちょっとずつでも良いから載せてみたい。

  まずはこうやって数分程度でも良いから毎日時間を費やす。それでもしも形になるなら儲けものだという精神でやってみる。

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: DVD
 

人気ブログランキングへ 

押して頂けると筆者が喜びますm(_ _)m

設定したりメモ画像も作成したり

 

 この日は夕方からcintiq pro 32プロ付属のEXPRESS KEYと、Tour Boxの設定を行った。

vasconcelos.hatenadiary.com

 の作業の後にコツコツと。

 CLIP STUDIO PAINT EXで使うのを前提に、ソフト側からもショートカットキーを設定し、そのまま機器でも使える様にした。

 ツールを活用する他の方々のブログを覗いて設定を真似して行い、私自身に適さないと思えた物は私にやりやすくアレンジ。

 ただ、設定しても使わないでいると忘れるし、忘れる事も前提に、iPhone上からEvernoteで参照出来る様にメモ画像も作成。

 とりわけ8月になってからCLIP STUDIO PAINT EXとcintiq proプロを使用する回数は増えてきたし、少しずつ慣れてきた感はある。この流れでより習熟していける様になりたい。

人気ブログランキングへ 

押して頂けると筆者が喜びますm(_ _)m

当ブログについて:2020年8月25日版

当ブログについて:2020年8月25日版

 漫画描くのが趣味による筆者の記録的なブログ。 開設してから漸くちゃんとした*1ブログ名:Diario Sin Titulo【ディアリオ・シン・ティトゥロ】を付けた。
 口調は原則、~である等*2

*1:私的には。ブログを読む人にもそう思えるとは限らない。

*2:仮にコメントが来た場合の応対はですます調。

続きを読む

久々の休日、色々と開封する

 久々の休日(一応)

 一応、仕事は正業と言える物と、副業と言える物を同時進行する形でこの約2年間を過ごしている*1

  久々に本日はほぼ休日*2なので、前回の休日から本日までの間に自宅に到着した物で未開封のものやそれ以前の物も開封をしている。

映像研には手を出すな!Blu-ray開封

 そういう訳で映像研には手を出すな!のBlu-rayも漸く開封

初回特典の絵コンテ集的な物

 この作品の鑑賞意外にも役立ちそうに感じた。

Tシャツ

 これは普段使いとして着用して延々と着続けた結果、数年後なのか十数年後なのかは知らないが、その頃にはくたびれてボロボロになる。そうなるまで着ていくのだろう。

牛乳瓶

 牛乳入れて飲むつもりも無いし、カッターナイフやペーパーカッターの保管先として活用する。

Tour Box開封

www.tourboxtech.com

 CLIP STUDIO PAINT EXやPhotoshop使う際の左手デバイスを買っておきながら、長らく放置していたのだが、いい加減に使わなきゃというのもあったので開封してインストールして使い始める事にする。

他にも細々と片付ける

 溜まっているものはほぼ休日1日では片付かないし、恐らく1ヶ月まるまるは必要ORZ

 それでも悲観して適当に過ごしていると、今の状況すらマシだったという話になるので頑張るのみ、である。

人気ブログランキングへ 

押して頂けると筆者が喜びますm(_ _)m

*1:その中に漫画関連のは無い。まだそのレベルでもないからというのもあるし、色々。

*2:オンラインでの打ち合わせ的なのがあったりするので完全休日ではない

CLIP STUDIO PAINT EXでベクターレイヤーをそろそろ

 そろそろ、CLIP STUDIO PAINT EXでベクターレイヤーを使うというのを覚えていかねばと考えている。

tips.clip-studio.com

 仕事で日常的にPhotoshop使って決められた仕事をする中で、ペンツールも使い続けているので、合成画像の為の抜き取りは自由自在。ただ、まだCLIP STUDIO PAINT EXでは活用した事はない。

 宝の持ち腐れになる事無く、悪い意味で安定に甘んじない様にしなければならない。

人気ブログランキングへ 

押して頂けると筆者が喜びますm(_ _)m

アニメ版機動戦士ガンダム THE ORIGIN全て見終えた

全て鑑賞

  Amazonプライム上で機動戦士ガンダム THE ORIGINのアニメ版を見始めてから、この日の仕事帰りの夜、シリーズの前半を鑑賞し、最後まで通した。気付けば夜中の3時だった。

 この記事自体は2020年8月25日の後付けだが、感想は沢山書いておきたくなったので以下に記した。

少年時代はまるで宮崎駿作品または世界名作劇場

 今回見たエピソードの初期*1の少年時代はまるで 宮崎駿作品。例えるなら天空の城ラピュタ辺りを見ているような感覚だった。

 特に声変わりする前の、後のシャア・アズナブル*2の声優がラピュタの主人公の声優だったので、声の力もあるからか、印象が強かった。

 あと、セイラが途中で典型的な魔女の被る帽子をかぶっていたので、ガンダムではなく、宮崎駿作品を鑑賞しているみたいに思えた。或いは、世界名作劇場

物語の転換点の1つは恐らく…

 少なくとも母親であるアストライア・トア・ダイクンの死去までは、宮崎駿作品的か世界名作劇場的な物語に思えるのだが、その死去から後のシャアの歪みの様な物は始まったな、と感じられた。

ピカレスク的な物語に

 エドワウ・マスからシャア・アズナブルを名乗る流れはピカレスク的な物になるのだが、それを決定づける幾つかのエピソードの中で、士官学校時代の話は青春物のアニメを見ているような気分だった。

 それと、シャア・アズナブル士官学校時代の後に、ララァ・スンと出会うきっかけとなる地球での工事現場就労は絵面的にとても面白かった。下々での就労も経験しているというのは、個人的にはシャア・アズナブル本人のカリスマ性にも根付いていくのだろうなと思えたエピソードだった。

 シャア・アズナブル以外ではガルマ・ザビランバ・ラルの話も良かった。勿論、物語全体を一応知っているので、その後を思うとこの人達は幸せとは言えない結末が待っているよな、という複雑な気持ちも抱きながらだった。

 そしてシリーズ最後までは戦争のドキュメンタリー的な物を鑑賞している感覚も併せつつ、シャア・アズナブルとして赤い彗星として賞賛される存在になる流れまで一気に鑑賞できた。

総評的な文章

 面白い、の一言。そして最初から最後まで物語の雰囲気を徐々に変えていると感じさせてくれた構成には感心した。

 初代ガンダムとの差異もあるし、人それぞれの好みもあるが、私はこのTHE ORIGINの方が好きだと改めて感じた。

 過去に漫画版のコンビニ販売版を少し読んだ事はあったが、ロクに覚えていない。だが、このアニメを一通り鑑賞した流れも有り、漫画版を最初から最後まで腰を据えて読もうと思うようになった。

 漫画版だけでなく、作者は違うが、

辺りも腰を据えて読みたいという気持ちは強まった。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN コミック 1-24巻セット

機動戦士ガンダム THE ORIGIN コミック 1-24巻セット

  • 作者:安彦 良和
  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: コミック
 
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]

  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: Blu-ray
 
機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]

  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: Blu-ray
 
機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [Blu-ray]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: Blu-ray
 
機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV [Blu-ray]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: Blu-ray
 

人気ブログランキングへ 

押して頂けると筆者が喜びますm(_ _)m

*1:アニメで見たエピソードの順番は6→5→4であり、それ以前のはまだ見ていなかった。本日は1~3を順番に鑑賞してから4~6まで見直した。

*2:ややこしいが、この時点での名前はキャスバル並びに、養子となった後はエドワウ。

*3:萌え系な感じのハマーン・カーンは興味深い。

*4:アニメの方は見た。漫画もしっかりと読んでネタに笑いたい。